病院の診察で細菌性の急性膀胱炎ということになれば抗生物質が処方されるのが一般的です。治療方針や患者さんの症状によっては、漢方薬を優先的に使う医師もいるかもしれません。

しかし多くは、「通常無菌の膀胱内で細菌が繁殖し炎症を起こすこと」が膀胱炎の原因ですので、抗生物質を使って直接菌を退治するのがもっともポピュラーな治療法になります。

細菌性の急性膀胱炎は繰り返し発症することが多く、再発の原因も様々です。「トイレを我慢することが多い」、「性交後に体を清潔にしない」等、膀胱に細菌が入りやすく繁殖しやすい生活習慣にあるのかもしれませんし、冷えや疲労などで細菌に対する抵抗力が落ちているせいなのかもしれません。

日頃から何かと気を付けていても、体調や体質のせいで膀胱炎にかかりやすいのだとしたら、抗生物質で対処するよりは漢方薬で体調を整えた方が有効なこともあるでしょう。

単純に言えば抗生物質で症状を治め、漢方薬で再発を防ぐという方法がベストなのでしょうが、そのように対処しても再発を繰り返しやすいのが膀胱炎の嫌なところです。

膀胱炎の治療は「抗生物質」か「市販薬」か?

再発する度に病院に足を運ぶのも億劫なものですし、抗生物質を多用するのにも抵抗があるという方も多いのではないでしょうか?

抗生物質は細菌が原因の感染症には高い効果を発揮しますが、その分私たちの体にとって良い菌も殺してしまうので、あまり使いすぎるとデメリットの方が多くなってしまいます。

「できるだけ抗生物質は使いたくない」という意識のある方は、膀胱炎の症状が治まった時点で処方された薬を飲まなくなるという場合もあると思います。

しかしながら、その選択が再発を引き起こす原因にもなるのです。膀胱内で細菌が繁殖することで膀胱炎になりますので、もし膀胱内の細菌が退治しきれていなければ再び繁殖をはじめる可能性が高くなり、その分再発する可能性が高まるのです。

処方された抗生物質は使い切った方が良い、でもやっぱり抗生物質はできるだけ使いたくない。

そんなジレンマもあり、「また膀胱炎になってしまったけれど病院に行くのは…」という方は、近所の薬局で手に入る膀胱炎の市販薬を利用するのではないでしょうか?

漢方成分を利用した膀胱炎治療薬であれば最寄りのドラッグストアでも購入することができるので、「膀胱炎になりそうだ」というときに緊急的に使用することが可能です。

しかし、油断をしていたら本格的に再発してしまったという場合もあるでしょうし、市販の漢方薬がイマイチ効かないという方もいるでしょう。病院に行くのは億劫だし市販薬ではあまり治療の効果がない。

そういった方は、第三の選択肢として次にご紹介するサプリメントを検討してみてはいかがでしょうか?

米国特許取得成分のサプリメントで膀胱炎対策

これまでにも主に女性のトイレに関わる悩みに効果が期待できるという「クランベリーエキス」を利用したサプリメントはいくつか開発されてきました。

しかし、国内製品のサプリメントはどうしても食品の域を出ませんから、膀胱炎対策と言うには「気休め程度」の対処に留まっている現実がありました。

そこで試してみていただきたいのは、サプリメントの品質基準が高いアメリカに拠点を置き、医薬品レベルのサプリメント開発を追求するドクターズチョイスの「クランジンプラス」という新しい製品です。

主成分に濃縮したクランベリーエキスを使用した米国特許成分であるクランジンを配合。このクランジンには、膀胱炎の主な原因菌である大腸菌をキャッチし体外に排出する効果が認められていますから、幾度となく繰り返す膀胱炎の度に「抗生物質は使いたくない」という方は試してみる価値があるでしょう。

また、このクランジンプラスには特許製法で生まれた5つの乳酸菌が配合されています。急性膀胱炎の原因は膀胱内の細菌感染と繁殖です。特に大腸菌の繁殖が原因となることが多いのですが、クランジンプラスに含まれる乳酸菌が膀胱内への細菌の侵入を阻止します。

つまり、クランジンプラスには原因菌を外に排出する力と、原因菌を寄せ付けない力があるということ。

細菌を退治するための抗生物質はいわばもろ刃の剣です。何度も繰り返し使ってしまうと、悪玉菌だけでなく体の中で私たちを守ってくれる善玉菌まで退治してしまいます。

クランジンプラスに含まれる成分は濃縮したクランベリーエキスを利用したクランジンと私たちの体の中で働き好環境を作る乳酸菌ですから、副作用の心配なく膀胱炎の原因を取り除き、些細なことでぶり返し勝ちな膀胱炎の予防を行うことができるのです。

市販薬がイマイチ効かないのにサプリメント?

「市販薬でイマイチ満足できなかったんだから、サプリメントではもっと効果がないのでは…」と、ご心配な方もいるかもしれません。

まず、膀胱炎対策の市販薬に使用されている主な成分は漢方です。例えば風邪をひいたとき病院の風邪薬より市販の漢方薬の方が効くという方もいるかと思いますので、なかには膀胱炎に対しても漢方薬で効果てきめんの方もいるでしょう。

しかし、漢方は基本的に使用者の体格や体質、年齢に合わせて絶妙な調合をするものです。ドラッグストアで販売されている漢方薬に治療の効果が感じられないのであれば、それはあなたの体質と症状に合っていない調合なのかもしれません。

体質や症状をしっかりと見極めて、あなたに合った漢方を調合してくれる医師に相談できるのであれば漢方薬を使うのはとても良い選択だと思います。

しかし、もし市販薬で効果が感じられず、身近に漢方の専門医もいないというのであれば、膀胱炎対策を目的に開発された米国特許成分配合のクランジンプラスを試してみるのも良い選択です。

クランジンプラスを使用するにあたって注意点があるとすれば、膀胱炎の原因が不明な場合は、まずは病院に足を運んでほしいということです。

膀胱炎の中には、細菌性のものと非細菌性のものがあります。クランジンプラスは細菌性の膀胱炎にはおすすめの製品ですが、非細菌性の膀胱炎には十分な効果を発揮しません。

はじめての膀胱炎で「不快な症状を今すぐどうにかしたい」というとき病院に行くのは少し勇気がいるかもしれませんが、まずは細菌性の膀胱炎だと診断を受けることはとても重要です。

膀胱炎再発の度に病院に行き抗生物質で一時的な対処はするけれど、「いつも忘れた頃に再発している」、といった生活が嫌だという方にクランジンプラスは最適です。90日間の返金保障がついていますから、試してみる分にはリスクもありません。