膀胱炎処方薬のフロモックスは風邪や膀胱炎に効果的な薬です。フロモックスは抗生剤の一種で、細菌などが原因で起こる病気の治療に使用されています。

副作用としては下痢の症状が主なもので、ショック症状などの重大な副作用を起こす危険性も低いため比較的安全な薬であると言えます。

フロモックスはすべての剤形においてジェネリック医薬品の取り扱いがあります。ジェネリック医薬品にすると薬価代がおよそ半分で済むので、変更を希望する際には医師や薬剤師に相談をしてみると良いでしょう。

フロモックスはセフェム系抗生物質という薬で、細菌が原因になる膀胱炎や風邪の治療薬として効果があります。体内に入り込んだ病原菌を死滅させて、腫れや発赤、痛み、熱を抑える効果があります。

大人が使用する場合と子供が使用する場合とで、効果や用法・用量が少しずつ異なるため注意が必要となります。

フロモックス錠が効果を示す症状としては、表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術等の二次感染、乳腺炎、肛門周囲腫瘍、咽頭・咽頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎(じんうじんえん)、尿道炎、子宮頸管炎、胆嚢炎、胆管炎、バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎、涙嚢炎(るいのうえん)、麦粒腫(ばくりゅうしゅ)、瞼板腺炎(けんばんせんえん)、外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎が挙げられます。