女性の膀胱炎は割と聞くのですが、男性の膀胱炎は滅多にありません。しかし、男性の膀胱炎は女性の膀胱炎に比べて非常に厄介であると言われています。

女性は尿道が男性の三分の一程度の長さしかないため、外部の細菌が直接膀胱に侵入しやすくなっていますが、男性の尿道は長いため外部の細菌が直接侵入してくる前に、排尿によって洗い流されるので、普通に生活している分には男性が膀胱炎になることはほとんどありません。

しかし、病院での治療や診療で尿カテーテルを使用したり、外科手術で使用する器具などで膀胱内に細菌が持ち込まれてしまった結果、膀胱炎が起こる場合があります。男性の場合は膀胱炎になるよりも尿道炎や前立腺炎になる確率のほうが高く、その理由としては尿道が長いということが挙げられます。

男性が膀胱炎になる原因としては、まず最初に尿道に細菌が感染しその感染が前立腺にも広がり、そこから膀胱炎になるということが多いようです。

男性の膀胱炎でも、女性のように再発を繰り返すことがあります。その原因は、前立腺の細菌感染が残ってしまっていることが挙げられます。

男性の膀胱炎の主な症状は、頻尿、排尿痛、尿混濁の3つです。普段生活している中で、さっきトイレに行ったばかりなのに、またすぐに行きたくなるといったことや、おしっこを出す、もしくは出した後にツーンとした染みるような痛みが出る、残尿感がある、おしっこが白く濁ったり、血が混じったりすることがあるというような場合に膀胱炎の可能性が考えられます。