このページは、膀胱炎に効くと評判の各市販薬や漢方について投稿された口コミをまとめています。新しい投稿がありましたら随時更新していく予定です。

膀胱炎にちゃんと効く市販薬は?

今では薬局でも、膀胱炎の治療薬を買うことができるそうですね。いちいち泌尿器科にかかる必要が無いのは、便利で良いと思います。私も、仕事の都合上、すぐ泌尿器科に行くのは難しいですから。しかし、実際のところ、市販されているほとんどの膀胱炎の薬は、ちゃんと効くとは言い難いそうですね。

なぜなら、利尿作用をもたらすための漢方を中心に構成されている関係上、あくまでも排尿を促すことで膀胱内の菌を排出して治すという形になるからです(漢方だとどうしても、こういうじっくり治す感じになりますよね)。つまり、直接的に治療してくれる類の薬ではないんですね。

しかし、1つだけ膀胱炎にちゃんと効く市販薬があるそうです。それは、摩耶堂製薬株式会社から販売されている、「腎仙散(じんせんさん)」という薬です。

この腎仙散は、他の市販薬のように利尿作用だけでなく、繁殖して膀胱内の粘膜に炎症を引き起こすことで膀胱炎を発症させている細菌への、殺菌作用ももたらしてくれるため、泌尿器科並みの治療効果を得られるのだとか。これなら、わざわざ泌尿器科にかからなくても、自分で治療できそうですね。値段によっては、1つくらい買い置きしておこうと思います。

女性に多い膀胱炎におすすめの市販薬は?

女性は尿道が長い関係上、膀胱炎になりやすいそうですね。膀胱炎になると、トイレに何度も行きたくなったり、排尿の時に痛みを感じたり、残尿感に悩まされたりと、色々大変みたいです。そのため、理想を言えば、すぐに泌尿器科を受診するのが良いそうです。

ただ、実際のところ、すぐに泌尿器科にかかるというのは難しいですよね。膀胱炎になる女性は、働いている場合がほとんどとのことですから。しかし、最近では薬局で、膀胱炎の治療薬も市販されているとかで、ある程度なら自分で治療できてしまうそうです。

医師から推奨されているのが、「腎仙散(じんせんさん)」という薬です。なんでも、タクシャ、チョレイ、ブクリョウ、ソウジュツ、ケイヒと言った、利尿作用をもたらす漢方で構成されているため、服用することで排尿を促し、膀胱内に増殖した細菌を排出することができるのだとか(ただし、普段よりも多めに水分を摂取する必要があります)。また、ウワウルシという抗菌作用を持つ漢方成分も含まれているため、ある程度の即効性も期待できるとのことでした。

市販薬とは言え、泌尿器科でお世話になるのと同程度の治療効果が期待できそうですね。私も膀胱炎になった際は、是非お世話になろうと思います。

膀胱炎の市販薬なら「腎仙散」

膀胱炎の市販薬としては、「ボーコレン」などが有名だと思います。しかし、実際のところ、これらは膀胱炎の薬と称されているにもかかわらず、膀胱炎に対する効果、効能は有していないそうです。なぜなら、これらに含まれる、五苓散(ごれいさん)、猪苓湯(ちょれいとう)、五淋散(ごりんさん)などの漢方成分は、利尿作用によって頻尿や排尿痛、残尿感などの膀胱炎の症状を和らげることはできても、膀胱内で増殖した細菌を駆逐することはできないからです。

となると、本当に初期段階の膀胱炎(水分を多く摂取して、普段よりも多くトイレに行って排尿すれば治る程度の段階)にしか、効かないということになりそうですね。しかし、市販薬の中には1つだけ、膀胱炎を直接的に治療できるものがあるそうです。それは、「腎仙散」。

他の市販薬とは違い、抗菌作用をもたらす漢方成分が含まれているのだとか(もちろん、他の市販薬と同じく、利尿作用をもたらす漢方成分も含まれています)。また、散剤の剤形が採用されているため(飲みにくさはありますが、身体に吸収されやすいそうです)、即効性も期待できるそうです。

膀胱炎の市販薬でおすすめなのは?

膀胱炎の市販薬と言えば、猪苓湯(ちょれいとう)、五淋散(ごりんさん)、腎仙散(じんせんさん)が主に挙げられるそうですね。どちらも膀胱炎の症状を改善してくれますが、症状によっては、前者2種類の内のどちらかの方を飲めば、より効果がある、とうこともあるそうです。

具体的には、膀胱炎の症状と言えば、排尿痛、残尿感、頻尿がありますが、排尿痛が強い場合は五淋散を、それ以外の場合は猪苓湯を飲むと良いそうです(どちらも、頻尿や残尿感には同じくらい効くみたいです)。つまり、排尿痛の有無や程度を基準に、猪苓湯を飲むか五淋散を飲むか決めれば良いんですね。では、腎仙散はどのような場合におすすめなのでしょうか?

それは、利尿作用によって排尿を促進するだけでは足りない程度にまで、症状が進んでしまっている場合だそうです。つまり、膀胱内に繁殖した細菌を排尿によって体外に排出するだけでなく、細菌を別途駆除しなければいけないんですね。

しかし、猪苓湯や五淋散には前述の通り、利尿作用を持つ漢方成分しか含まれていないため、それに加えて抗菌作用を持つ漢方成分も含まれている腎仙散を飲む必要があるそうです。こうして見ると、膀胱炎の市販薬は、結構使い分けなければいけないんですね。

膀胱炎は、まだ初期段階なら自力で治すことも十分可能だそうですね。具体的には、水分を積極的に摂取して、たくさん排尿すれば良いみたいです。こうすることで、膀胱内の細菌を体外に排出できるのだとか。しかし、膀胱内で細菌がかなり繁殖してしまっている場合は、それだけでは不十分で、やはり別途薬で殺菌する必要があるみたいです。

となると、泌尿器科の受診が必要になりそうですね。ただ、仕事などの関係で、すぐ病院に行くのはなかなかに難しいと思います。そこで、膀胱炎に良い市販薬がないか、ちょっと探してみたところ、予想以上にたくさんヒットして驚きました。しかし、膀胱炎の市販薬は法律の関係上、ほぼ全部が漢方由来のものであるため、即効性の方はあまり期待できないみたいです。

しかし、1つだけ、抗菌成分が配合されている市販薬がありました。それは、「腎仙散(じんせんさん)」 (摩耶堂製薬株式会社から販売されているそうです)。これだと、利尿作用だけでなく、膀胱内に繁殖した細菌への殺菌作用も見込めるため、病院に行かなくても治癒が可能とのことでした。私も、初めて膀胱炎になった際は泌尿器科にかかろうと思っていますが、2回目以降はいちいち病院に行くのではなく、この腎仙散にお世話になることにします。

膀胱炎の市販薬としては、「腎仙散(じんせんさん)」「五淋散(ごりんさん)」「猪苓湯(ちょれいとう)」が挙げられます。商品名からも察せられる通り、どれも漢方成分を中心に配合されているみたいです。となると、泌尿器科で処方してもらえるような抗生物質に比べると、どうしても効果は一段劣ることになりますから、この3種類の中でも一番効果があるものを選びたいところですよね。

そこで、どれが一番オススメなのかをリサーチしてみたところ…腎仙散が良いとのことでした。この腎仙散には、五淋散や猪苓湯と違い、利尿作用だけでなく、抗菌作用を持つ漢方成分も含まれているのだとか。そのため、膀胱内で増殖して膀胱炎を引き起こしている細菌を、直接除去できるため、病院で処方してもらえる抗生物質程とは言えないものの、かなり重症な場合以外は、治癒が可能とのことでした。

一方、まだ膀胱炎の症状が初期段階の場合は、利尿作用によって排尿を促進し、膀胱内の細菌を積極的に排出する程度で治るため、五淋散や猪苓湯を飲めば十分で、排尿痛が強い場合は五淋散の方を飲めばより効果的とのことでした。膀胱炎の市販薬と言っても、症状によって色々と使い分ける必要があるんですね。

コンビニに膀胱炎の市販薬は無いけど…

今では、膀胱炎でも市販薬がいくつかあるみたいですね。いちいち泌尿器科を受診して、抗生物質(抗菌薬)を処方してもらうのには時間がかかりますから、治療薬を薬局で買えるなら助かります。

しかし、仕事の忙しさによっては、薬局に買いに行くのすら難しいことってありますよね。私も、前なった時はそれで市販薬を買えるまでに数日かかってしまい、何度コンビニに売っていれば良いのに、と思ったか分かりません。

ただ、コンビニに膀胱炎の市販薬はありませんが、膀胱炎の対処に役立つものは売っているそうです。それは、クランベリージュース。最近色んなコンビニでよく見かける、あの真っ赤なジュースですよね。ビタミンはたくさん摂れそうですけど、あれがどう膀胱炎に役立つのでしょうか?

調べたところ、クランベリーには、キナ酸という有機酸が多く含まれていて、それが膀胱炎を改善してくれるとのことでした。詳しく言うと、尿を酸性化することで、膀胱内で繁殖した細菌を駆逐してくれるため(アルカリ性だと細菌は繁殖しやすいそうです)、後は小まめにトイレに行くだけで良いのだとか。これは知りませんでした。

膀胱炎は市販薬で治るの?

膀胱炎になったらすぐ泌尿器科へ、というイメージが強かったですが、最近ではそうでもないみたいですね。なんでも、膀胱炎の治療薬は市販もされているため、わざわざ病院に行かなくても入手することができるのだとか。膀胱炎用の市販薬があるなんて驚きでした。しかし、本当に市販薬なんかで治るものなのでしょうか?

調べたところ、全ての膀胱炎に効く、というわけでは残念ながらなく、症状が初期段階の場合に限るみたいです。市販薬は利尿作用のある漢方処方のものが多いそうです。そのため、病院で抗真菌薬を処方してもらうほどではなく、排尿を促進することで膀胱内の菌を排出して治る段階なら、市販薬でも治るのだとか(ただし、高い効果を期待するには、生活の中で意識的に水分を多く摂り、排尿を促す必要があるみたいです)。

となると、市販薬に頼りっぱなしというわけにはいかなさそうですね。特に、初めて膀胱炎になった場合、それ以降繰り返さないためにも、多少面倒ですが泌尿器科を受診した方が良いみたいです。私はまだ膀胱炎にはなったことがありませんが、女性は男性よりも膀胱炎を発症しやすく、特に寒い今の時期は多いとのことなので、十分気を付けるようにします。

膀胱炎の市販薬「ボーコレン」は効くの?

膀胱炎の市販薬としては、小林製薬から販売されている、「ボーコレン」というのが有名みたいですね。個人的には、わざわざ泌尿器科に行かず、薬局で普通に買えるボーコレンで治せるなら、断然そちらにお世話になりたいですが、実際のところ、効果の程はどうなのでしょうか?

調べたところ、ボーコレンの主な効果は、膀胱炎の症状の排尿痛、頻尿、残尿感の軽減であることが分かりました。なんでも、利尿作用を持つ漢方成分を中心に構成されているとかで。つまり、排尿を促して膀胱内で増殖した細菌を体外に出させることで、症状の治癒を図るんですね。

しかし、そのように排尿の回数を増やすことで改善できる膀胱炎は、初期症状の段階に限られるそうです。となると、ちょっと症状が進んでしまっている場合は、ボーコレンだけで治すのは中々に厳しいため、ちゃんと泌尿器科で処方してもらった抗生物質によって、膀胱内の細菌を直接除去する必要があるんですね。

では、ボーコレンがあるから何時膀胱炎になっても大丈夫、という感じではなさそうですね。それでも、初期症状の内はボーコレンでも十分治せるそうなので、いざという時すぐに治療を始められるよう、1つくらい買い置きしておこうと思います。

膀胱炎薬なら市販薬で十分?

膀胱炎にかかると、泌尿器科を受診して抗生物質を処方してもらう、というのが従来の主な対処法だったそうですね。その抗生物質によって、膀胱内に増殖した細菌を除去することで、症状を改善できるみたいです。しかし、最近では膀胱炎の市販薬もいくつか販売されているらしく、そちらの需要も徐々に伸びているのだとか。

しかし、抗生物質は法律の関係上、病院で処方してもらう以外、入手は不可能だと聞きます。となると、膀胱炎の市販薬は、一体何で構成されているのでしょうか?調べたところ、漢方成分が主と分かりました。

利尿作用を持つ漢方成分によって、排尿を促進して膀胱内の細菌を排出することで、症状の改善を図るのだとか。具体的な商品名を挙げると、「腎仙散(じんせんさん)」「五淋散(ごりんさん)」「猪苓湯(ちょれいとう)」があるみたいです。

ただ、そうなると、排尿を頻繁に為すだけで治る初期症状の段階を超えた膀胱炎には、効かないのではないでしょうか?確かに、五淋散や猪苓湯だと効果はいまいちだそうですが、腎仙散は違うみたいです。なぜなら、腎仙散には他の2つと違い、利尿作用に加え、抗菌作用を持つ漢方成分も含まれているからです。こうして見ると、もう膀胱炎薬としては、市販薬で十分な時代なんですね。

口コミで評判の膀胱炎の市販薬は?

最近では、膀胱炎になっても、市販薬があるため自分で治療できてしまうそうですね。いちいち泌尿器科に行く必要が無いのは、便利で良いと思います。病院となると、時間もかかるし、薬価以外に受診料もかかりますから。

しかし、市販薬があると言っても実際のところは、あまり良いことばかりではないみたいです。なぜなら、市販薬は泌尿器科で処方されるような、抗生物質ではないからです(法律の関係で、抗生物質は市販できないそうです)。

では何が主に成分とされているのかと言うと、利尿作用をもたらす漢方です。つまり、抗生物質のように直接菌を殺してくれる訳ではありませんから、どうしても治すのに時間がかかるんですね。口コミを見ても、なかなか治らずちょっと症状が重いだけで効かない、などと評価が芳しくありません。

ただ、1つだけ、口コミでも評判の良い市販薬を見付けました。それは、「腎仙散」。他の市販薬と違い、利尿作用だけでなく、抗生物質レベルとまでは行かなくても、抗菌作用のある漢方成分も含まれているため、よほど重い症状でもない限り、治すことができるみたいです。なので、私も膀胱炎になった際は、まずこの腎仙散にお世話になろうと思います。

膀胱炎の市販薬は抗生物質じゃない!?

膀胱炎の治療薬としては、抗生物質が一番確実だそうですね。そのため、泌尿器科を受診すると、クラビットやフロモックス、サワシリンと言った、抗生物質が処方されるみたいです。

ところで、最近は膀胱炎の市販薬もいくつか販売されていますが、それも抗生物質なのでしょうか?調べたところ、それは違うと分かりました。なんでも、抗生物質は法律の関係上、市販することができないのだとか。

では、市販薬は主に何の成分で構成されているのかと言うと…漢方成分だそうです。なんでも、利尿作用を持つ漢方成分によって、排尿を促すことで、膀胱内に繁殖して粘膜に炎症を引き起こしている細菌を、体外に排出させることを目的としているのだとか。そのため、服用中は、通常よりも水分を多く摂ると共に、たくさんトイレに行く必要があるみたいです。

うーん、抗生物質と違って、漢方成分は直接細菌を退治してくれるわけではありませんから、どうしても遠回しな治療となってしまいそうですね。実際、症状がちょっと重いと、治るのに時間がかかったり、結局治り切らず泌尿器科に行き直す羽目になったりするみたいです。それなら、多少面倒でも、やはり最初から泌尿器科で抗生物質を処方してもらった方が良さそうですね。

子供も飲める膀胱炎の市販薬は?

子供は大人に比べて膀胱が小さいため、膀胱炎になりやすいそうですね。となると、子供専用の、膀胱炎の市販薬が売っているのかと思いきや…検索してみたところ、そういうのは全然見付かりませんでした。子供が膀胱炎になったら、すぐに泌尿器科に行けということなのでしょうか?

確かに、泌尿器科に行くのが一番確実とは思いますが、発覚次第すぐ病院に連れて行くことは、なかなか難しいですよね。だから、念のため市販薬を常備しておけるだけでも、親御さんの精神的には大分違うと思います。

そこで、子供でも飲める、膀胱炎の市販薬を探したところ…「ボーコレン」や「腎仙散」がヒットしました。ボーコレンは、膀胱炎の市販薬として有名ですが、腎仙散というのは知りませんでした。一体、どちらの方が効くのでしょうか?

ボーコレンは利尿作用を持つ漢方成分を中心に構成されているため、排尿を積極的に促し膀胱内で増殖した細菌を排出することで治る程度の、初期段階の膀胱炎には効くとのことでした。しかし、それ以上進行していると、膀胱内の細菌を直接除去する必要があるため、利尿作用だけでなく、抗菌作用を持つ漢方成分も含んでいる腎仙散を使うべきだそうです。となると、常備しておくなら腎仙散の方が良さそうですね。

膀胱炎で血尿がある時に効く市販薬は?

膀胱炎で血尿まで出ている場合は、もう自然治癒は見込めないそうです。なぜなら、血尿が出る程、膀胱内の粘膜が炎症を起こしてしまっているからです。つまり、膀胱内で増殖した細菌を、排尿によって体外に出すだけでは、もう追い付かないんですね。

ここまで進攻してしまった場合、理想を言えば、泌尿器科の診察を受けて、クラビットなどの抗生物質をもらうのが一番なのですが、なかなかそう簡単にもいかないと思います。

では、なんとかして市販薬で治せないでしょうか?血尿が出るレベルまで膀胱炎が進行していても、効く市販薬がないか、ちょっと調べてみました。すると、膀胱炎の市販薬としては一番有名なボーコレンだと、ダメだということが分かりました。なぜなら、これには利尿作用のある漢方成分しか含まれていないからです。

しかし、腎仙散という市販薬なら効くとのことでした。なぜなら、利尿作用だけでなく、抗菌作用のある漢方成分も含まれているからです。これにより、膀胱内の細菌を直接攻撃できるため、血尿が出る程まで悪化した膀胱炎でも、治癒が可能だそうです。これは、1つ常備しておくと安心ですね。私も今度薬局に行った際には、買ってみようと思います。