このページは、膀胱炎の薬について投稿された口コミをまとめています。新しい投稿がありましたら随時更新していく予定です。

女性が知っておきたい膀胱炎と市販薬

女性は一生の内、必ず一度は膀胱炎を経験するそうですね。なんでも、女性は男性に比べて、かなり膀胱炎になりやすいのだとか。なぜかと言うと、女性の尿道が男性のものに比べてとても短いからです。

つまり、尿道が短い分、性器内に細菌が入ると、すぐに膀胱内に到達してしまうんですね。特に、寒いこの季節の間は、トイレを我慢する機会が多い関係上、気を付けた方が良いみたいです。

しかし、最近は泌尿器科をわざわざ受診しなくても、膀胱炎は治療できるそうですね。なぜなら、市販薬がいくつか販売されているからです。具体的な商品名を挙げると、「腎仙散(じんせんさん)」「五淋散(ごりんさん)」「猪苓湯(ちょれいとう)」があるそうです。文字だけ見ると、何だか薬とはとても思えませんね。私なんてどれ1つとして読めませんでした。

実際、どれも漢方成分が主みたいです。効能としては、利尿作用が主で、小まめに排尿することで膀胱内に増殖した細菌を体外に出して治癒を図れるそうです。そのため、膀胱内の細菌に直接作用する抗生物質に比べると、重症化した膀胱炎には効きにくいとのことなので、私もいざという時は初期症状の内に市販薬で治療を始めるようにします。

膀胱炎の薬はすぐ効かない!?

膀胱炎と言えば、必ず泌尿器科にかからなければいけないイメージが強いと思います。しかし、今では膀胱炎の市販薬もいくつか販売されているそうですね。そのため、泌尿器科にかからず、自分で市販薬を購入して治してしまう人も、今では多いのだとか。こっちの方が簡単で良いですよね。

しかし、膀胱炎の市販薬には、あまり過度な期待をしない方が良いみたいです。なぜなら、泌尿器科で処方してもらえるような抗真菌薬と違い、すぐ効く類のものではないからです。詳しく言うと、市販されている膀胱炎の薬は、利尿作用をもたらす漢方薬であるため、直接的には症状を緩和してはくれないんですね。

つまり、利尿作用によって排尿を促し、膀胱内の菌を排出させることで、間接的に症状を改善するという仕組みですから(またそのためには、意識して通常よりも多く水分を摂取する必要もあるみたいです)。

となると、市販薬で治るまでにはかなり時間がかかるだけでなく、重症化してしまった膀胱炎に市販薬は効かなそうですね。個人的にはかなり期待していたので、ちょっとがっかりしてしまいました。なので、多少面倒ですが、膀胱炎を発症してしまった際は、泌尿器科にお世話になろうと思います。

膀胱炎の治療薬の副作用って?

膀胱炎の治療薬として処方される抗生物質には、クラビットなどのニューキロノン系剤、フロモックスなどのセフェム系剤、サワシリンなどのペニシリン系剤の3種類があるそうですね。どれも、抗生物質という関係上、市販薬とは比べものにならないくらい、治療効果を期待できるみたいです。ただ、漢方薬ではなく治療薬という関係上、やはり一定の副作用が伴うみたいです。

では、上記の抗生物質には、どのような副作用があるのでしょうか?セフェム系剤のフロモックスは、主に下痢の症状が挙げられるそうです(腎臓に病気を持つ人や、高齢者の人は特に注意した方が良いみたいです)。ニューキロノン系剤のクラビットや、ペニシリン系剤のサワシリンは、発疹や痒みなどのアレルギー症状に加え、眩暈、頭痛、不眠、吐き気、腹痛、下痢、嘔吐などの症状も報告されているみたいです。

ただ、上記の副作用が生じても、大抵の場合は軽い程度で済むみたいです。それなら、そこまで神経質に心配する必要は無さそうですね。ただ、長期間に渡り服用することで、上記の症状に慢性的に悩まされたり、稀に重症化したりしてしまう時もあるため、なるべく早めに泌尿器科を受診して、薬の服用を始めるのが無難とのことでした。

膀胱炎の薬は漢方が一番良いです

膀胱炎の市販薬は、漢方で構成されているそうですね。詳しく言うと、利尿作用を持つ漢方が主みたいです。つまり、排尿を促し膀胱内を活発に洗浄し、細菌を体外に排出することで、膀胱炎の炎症を治癒させるんですね。そのため、治るまでに多少時間はかかりますが、副作用の心配無く治療することができるみたいです。

中でも注目されているのは、「腎仙散」です。その効能は主に2つ。1つは、他の膀胱炎の市販薬と同じ、利尿作用です。ただ、通常よりもたくさん水分を摂取する必要があるみたいです(そうじゃないと尿が作られないし、脱水症状にも陥ってしまうからです)。そしてもう1つは、抗菌作用です。

つまり、膀胱内で増殖した菌を、駆逐してくれるんですね。この抗菌作用が他の市販薬には無いため、その分、腎仙散の人気が高いんですね。

確かに、この腎仙散があれば、わざわざ泌尿器科を受診して抗生物質を処方してもらわなくて済みそうですね。寧ろ、漢方薬の関係上、抗生物質と違って副作用の心配もありませんから、個人的には腎仙散の方にお世話になりたいと思います。なので、今度薬局に立ち寄る機会があれば、この腎仙散を探してみます(値段によっては1つくらい買い置きしておきたいですね)。

膀胱炎の薬には治療効果無し?

膀胱炎の市販薬が発売されてから、泌尿器科を頼らず膀胱炎を、それら市販薬を使って自力で治療している人は、年々増えているそうですね。しかし、実際のところ、それらの市販薬を使っても、膀胱炎に直接の効果は無いみたいなんです。なぜなら、主に含まれている漢方成分には、利尿作用しかないからです。

膀胱炎は、まだ初期段階の場合なら、水分を多めにとって排尿の回数を増やすことで、膀胱内に増殖した細菌を排出して治癒させることができると聞きます。つまり、膀胱炎の市販薬は、利尿作用をもたらすことで、間接的に膀胱炎の症状が改善されるよう促すのであって、膀胱内に増殖した細菌を直接どうこうはしてくれないんですね。そのため、市販薬で治せる膀胱炎は、本当に初期段階のものに限られるそうです。

唯一例外なのは、「腎仙散」という薬です。これには、利尿作用を持つ漢方成分に加えて、抗菌作用を持つ漢方成分も含まれているため、初期症状を超えている場合も対処可能で、泌尿器科の治療と同レベルの効果も期待できるとのことでした。また、腎仙散は漢方成分である関係上、副作用のリスクも無いため、泌尿器科で処方してもらう抗生物質による副作用が心配という人にも、おすすめだそうです。

膀胱炎でよくある抗生物質の薬は?

膀胱炎の治療薬としてよく処方される抗生物質は、クラビットだそうですね(ニューキノロン系剤に分類されるそうです)。膀胱炎だけでなく、皮膚や呼吸器、眼などの、多様な感染症の治療に使われているのだとか。飲む回数は1日に1回で、大抵は1週間程服用すれば治るみたいです。

しかし、膀胱炎に効く抗生物質はクラビットの他にも、フロモックス(セフェム系剤)、サワシリン(ペニシリン系剤)などがあると聞きます。それなのになぜ、クラビットがよく使われるのでしょうか?調べたところ、理由は2つあると分かりました。

1つは、再発防止効果が、他に比べてクラビットが高いからです。なんでも、フロモックスやサワシリンだと、治療は短期間で終わるものの、膣や腸内に残った大腸菌が原因で、再び膀胱炎を発症してしまうことが多いのだとか。

そして、もう1つの理由は薬価で、なんでも1錠につき200円近くするみたいです(100mg配合の場合)。ちょっといやらしい話ですが、確かに、これは病院も儲かりそうですね。しかし、多少高くても大抵は7日服用すれば治るそうですし、再発防止もできることを考えれば、トータル的には安いものだと思います。なので、私も膀胱炎になった際は、泌尿器科でクラビットを処方してもらうことにします。

膀胱炎の治療薬は何日飲み続ければ良いの?

膀胱炎の治療薬として、泌尿器科では主に抗生物質が処方されるそうですね。これによって、体外から侵入し、膀胱内で増殖して粘膜に炎症を生じさせている細菌を、駆逐することができるみたいです。では、そのような抗生物質は、どれくらの日数飲み続ければ良いのでしょうか?

1日1回服用するタイプだと、7日間が目安とのことでした。思ったよりも期間が短くて良かったです。ちなみに、7日目じゃなくても、早い人だと2~3日で症状が収束するみたいです。しかし、そこで治ったからと言って、服用を止めることは絶対にしてはいけないみたいです。

なぜなら、症状が収束していても、まだ細菌が完全には除去されていないからです。つまり、僅かに残った細菌が、抗生物質が入ってこなくなったのを良いことに再び増殖して、膀胱炎をぶり返してしまう危険性が高いんですね。

そのため、細菌を再発の心配が無いところまで駆除するためにも、どんなに症状が落ち着いても7日間の間は飲み続けるべきとのことでした。ちょっと面倒臭いですが、膀胱炎は慢性化するともっと面倒臭いことになりますから、仕方ないですよね。私も膀胱炎になって泌尿器科で抗生物質を処方してもらった際は、この点十分注意するようにします。

膀胱炎には市販薬より抗生物質

膀胱炎の市販薬が、最近ではいくつか販売されていますが、実際のところ、そこまで効果は期待しない方が良いみたいです。なんでも、治るまでかなりの日数を要したり、症状がちょっとでも重いと治らず、結局泌尿器科に行く羽目になったりするとかで。泌尿器科に行って抗生物質を処方してもらうより、市販薬を購入する方が断然簡単ですが、やはり効き目の点では劣るんですね。

しかし、なぜ市販薬は、病院で処方してもらえる抗生物質と違い、効果が低いのでしょうか?個人的には、成分は病院の抗生物質と同じであるものの、市販だと弱いものしか販売できないからかな、と思ったのですが、どうもそうではないみたいです。なんでも、法律の関係上、抗生物質自体を販売することができず、膀胱炎の市販薬は利尿作用を主とする漢方成分で構成されているのだとか。

となると、抗生物質と違い、漢方成分は直接細菌には効かない関係上、市販薬は初期段階の膀胱炎、つまりは排尿を頻繁に行い膀胱内の細菌を排出すれば治る程度の場合にしか、改善効果を見込めないんですね。今までは、市販薬があるなら膀胱炎も怖くないと思っていましたが、効く場合がこのようにかなり限られているなら、やはりならないに越したことはありませんね。

薬局で買える膀胱炎薬は?

最近だと、膀胱炎薬も普通の薬局で買えるみたいですね。膀胱炎の症状は刻一刻と重症化していくことから、発覚し次第治療を開始しなければいけませんが、時間の関係上すぐに泌尿器科に行くというのも難しいですから、薬局で簡単に購入できるのは、個人的にもありがたいです。

そこで、薬局で買える膀胱炎薬としては…「腎仙散(じんせんさん)」「五淋散(ごりんさん)」「猪苓湯(ちょれいとう)」の3つが挙げられるそうです。中でも、腎仙散は優れものみたいです。なぜなら、泌尿器科で処方してもらえる抗生物質のような、抗菌作用を持つ漢方成分を含んでいる関係上、膀胱内に増殖した細菌に直接作用するため、重症化した膀胱炎でも治すことができるからです。

ただ、そこまで進行しておらず、排尿の回数を増やして膀胱内の細菌を排出するよう努めて治る程度なら、利尿作用の漢方成分が中心の、五淋散や猪苓湯で十分だそうです。ちなみに、もし排尿痛があるなら、五淋散がより適切とのことでした。

となると、症状が初期段階を超える場合は腎仙散、まだ初期段階でかつ排尿痛があるなら五淋散、それ以外は猪苓湯に頼る形になりそうですね。私も膀胱炎になった際は、これに従って膀胱炎薬を購入しようと思います。

膀胱炎の処方薬に「ロキソニン」?

膀胱炎の処方薬と言えば、クラビットやフロモックス、サワシリンなどの抗生物質だと思っていましたが、ロキソニンが処方されることもあるそうですね。ロキソニンは、鎮痛剤や解熱剤と言うイメージが強かったので、個人的にはとても意外でした。一体、どういう場合に膀胱炎でロキソニンが処方されるのでしょうか?

膀胱炎の場合も、膀胱内の粘膜の炎症などが原因の排尿痛や腹痛によって、酷い痛みに悩まされることがあると分かりました。その時に、痛み止めとして処方されるのが、ロキソニンなんですね。膀胱炎を引き起こしている細菌に、抗生物質のように直接どうこうすることはできないものの、炎症を抑えつつ痛みを和らげてくれるのだとか。痛みの原因そのものを解消できなくても、痛みを軽減されるだけで大分違いますよね。

また、ロキソニンは体内に吸収されてから効果を発揮するため、胃への負担も少ないそうです。加えて、副作用の心配もほとんど無いため、服用者は鎮痛効果というメリットのみを享受できるとのことでした。ただし、効果はあくまでも痛み止めが主で、膀胱内の細菌に対しては別途対処する必要があるため、個人輸入等でロキソニンのみを購入して適当に凌ぐのは止めた方が良いそうです。

膀胱炎を繰り返すなら市販薬ではなくクラビット

女性はどうしても、膀胱炎を再発しやすいそうですね。男性に比べて尿道が短い関係上、細菌が体内に入ると、そのまま膀胱まで到達しやすいからみたいです。しかし、膀胱炎を再発する度に、泌尿器科でクラビット等の抗生物質を処方してもらうのも、面倒くさいですよね。薬代だけでなく、病院にかかる時間や診察料も、回数を重ねれば馬鹿になりませんから。

そうかと言って、市販薬を買い置きしておくのも、心もとないと思います。市販薬が効くのは、あくまでも初期症状の段階ですから。そこで、何か良い方法はないかと調べてみたところ…膀胱炎の処方薬として有名なクラビットは、個人輸入を経由すれば簡単で通販できると分かりました。

具体的には、20錠で3,000円くらいだそうです。クラビットは、1日3回飲むのを5日続ければ、大抵の膀胱炎を治癒してくれることを考えると、単純計算して膀胱炎1回につき15錠となりますから…1回治すのに必要なのよりも少し多めの量を、4,000円で購入できることになりますね。

個人輸入の関係上、送料はかかりますが、それを込みでも泌尿器科に頼るより断然楽だと思います。なので、私も将来、膀胱炎を繰り返すようになってしまった際は、個人輸入を利用してクラビットを常備薬として入手しておくことにします。

膀胱炎の治療薬はクラビット

膀胱炎で泌尿器科にかかった際、よく治療薬として処方されるのは、クラビットという抗生物質だそうですね。また、膀胱炎にかかった際に使用する薬についてまとめたネット上のランキングでも、このクラビットがトップとなっているみたいです。つまり、日本だけでなく、世界でもこのクラビットは膀胱炎治療薬としてよく使われているんですね。

しかし、残念ながらクラビットは、日本では病院で処方してもらうしかないんです。なぜなら、法律の関係上、クラビット等の抗生物質は、薬局で販売することができないからです(ちなみに、膀胱炎の市販薬も今はいくつかありますが、あれは漢方成分で構成されているそうです)。となると、ちょっと面倒臭いですね。膀胱炎は再発しやすい関係上、その度に泌尿器科にかからなければいけないとなると、時間もお金もかさむことになりますから。

そこで今人気なのが、個人輸入だそうです。なんでも、クラビットも、個人輸入を経由すれば、20錠につき約4,000円という値段で、通販購入することができるのだとか。そのため、初期症状の内の膀胱炎にしか効かない、漢方成分で構成された市販薬よりも、個人輸入を利用してクラビットを買い置きしておく方が、断然確実とのことでした。

膀胱炎の治療薬「クラビット」のジェネリックがある?

膀胱炎の治療薬としてよく使われる「クラビット」ですが、日本での入手手段は限られているそうですね。なんでも、クラビットを含む抗生物質は、法律の関係上、普通の薬局やドラッグストアでは販売できない関係上、泌尿器科を受診して処方してもらうしかないのだとか。確かに、病院にわざわざ行かなければいけないのは、ちょっと面倒臭いですよね。時間がかかりますし、薬代の他に診察料も請求されますから。

そこで、最近では個人輸入を利用して、クラビットを購入している日本人も多いそうです。確かに、個人輸入なら送料はかかりますが、普通の通販と同じで購入手続きはとても簡単ですから、泌尿器科にかかるよりもずっと楽だと思います。ただ、お値段は20錠で約4,000円と、泌尿器科で処方してもらう場合はそこまで変わらないみたいです。

しかし、今ではクラビットのジェネリックもあるんです。その名も、レボクイン。なんでも、クラビットと同等の治療効果が得られるにもかかわらず、100錠につき約3,000円という格安の値段で、購入することができるのだとか。これなら、送料込みでも、泌尿器科にかかるより、断然安く済みますね。私もいざという時は、このレボクインにお世話になろうと思います。

クラリスは膀胱炎の治療薬としては不人気?

膀胱炎の治療薬としては、よくクラビットが挙げられると思います。しかし、それ以外にも、クラリスという抗生物質があるそうですね。ただ、このクラリスは今のところ、膀胱炎の治療にはあまり使われていないみたいです。では、クラリスはなぜ、膀胱炎の治療薬としては不人気なのでしょうか?

調べたところ、膀胱炎の原因の大半は大腸菌であるものの、時々クラミジア菌が原因で発症している場合もあるそうです。このような場合、クラビットでは効果が無いため、クラリスを処方されるのだとか。となると、不人気ということではなく、使うべき場合、つまりはクラミジア菌が原因の膀胱炎が生じにくいため、必然的にクラリスが膀胱炎治療において処方されることも少ないことになりますね。

そうしたことを知らないで、クラリスを個人輸入等で購入してしまうと、損をします。クラリスでは、大腸菌が原因の大半の膀胱炎には、あまり効果がありませんから。となると、膀胱炎の治療薬は基本、クラビットが主だと考えておけば間違い無さそうですね。そのため、個人輸入を利用する際も、クラビットを選ぶのが無難とのことでした。ただし、それで効果が出なければ、原因が大腸菌ではなくクラミジア菌など他にある可能性が高いため、泌尿器科を受診した方が良いみたいです。

膀胱炎の治療薬「フロモックス」の注意点

膀胱炎の治療薬として処方される機会の多い、フロモックス。抗菌作用によって、膀胱内に増殖することで粘膜に炎症を起こし、膀胱炎を発症させている細菌を、退治してくれるそうです。また、他の抗生物質に比べて、副作用が少なく安全と言われているため、膀胱炎だけでなく、風邪などの病気でも処方されるのだとか。

しかし、そのように安全と言われているフロモックスですが、体質によっては思わぬ副作用が出るケースも報告されているみたいです。例えば、乳幼児の場合、アミノ酸の一種であるカルニチンが尿と共に排出されてしまう、低カルニチン血症を発症することで、痙攣や脳へのダメージが生じてしまうそうです。また、アレルギー体質の場合は皮膚が赤くなったり痒くなったりすることもあるらしく、事前に医師に申告しておいた方が良いとのことでした。

フロモックスにも、色々と注意点があるんですね。それでも、大抵は医師の方で判断して、フロモックスは処方しないようにしたり、服用に制限をかけたりしてくれるため、基本的に心配する必要は無いみたいです。ただ、自分が膀胱炎等になった際に処方してもらったフロモックスが余ったからと言って、安易に他人にあげたりすることは止めた方が良いとのことでした。

膀胱炎の治療薬「レボフロキサシン」を簡単に入手するには?

膀胱炎で泌尿器科にかかると、よくレボフロキサシンというのが処方されるそうですね。レボフロキサシン、と言われると効き慣れないような感じがしますが、別名クラビットとも言うみたいです。確かに、クラビットの方がよく聞きますね。そして、このレボフロキサシンというのは抗生物質の一種で、膀胱内に繁殖した細菌を退治してくれるみたいです。そのため、大抵はこれを1週間服用し続ければ、膀胱炎は治癒するとのことでした。

しかし、日本においては、わざわざ泌尿器科で処方してもらわないと、このレボフロキサシンは入手できないそうです。面倒臭いことに、普通のドラッグストア等で抗生物質を販売することが、法律で禁止されてしまっているんですね。でも、病院に行く時間をすんなり捻出できるとも限りませんよね。そうかと言って、漢方成分しか含まれていない市販薬だと効き目が薄そうですし。

そこで、簡単にレボフロキサシンを入手する方法を調べたところ、個人輸入に頼れば良いと分かりました。これなら、通販と同じ感覚で、簡単にレボフロキサシンを購入できるそうです。ただし、個人輸入の関係上、使用上のトラブルが発生しても、全て自己責任とのことでした。となると、ちゃんと信用できる大手の個人輸入代行サイトを選ぶ必要がありそうですね。

膀胱炎の治療薬でクラリスが処方されるケースは?

膀胱炎と診断された場合、病院からは大抵、クラビットが処方されるそうですね。しかし、膀胱炎の治療に使われる抗生物質はクラビットだけではなく、クラリスというのもあると聞きます。それなのに、利用率は圧倒的にクラリスよりも、クラビットの方が高いみたいなんです。どちらも同じ抗生物質なのに、この差は何なのでしょうか?

膀胱炎というのは大抵、大腸菌が侵入したことが原因で発症するみたいです。そして、大腸菌にはクラビットの方が相性は良いため、利用率も自ずと高いのだとか。しかし、決して多くないものの、クラミジア菌によって膀胱炎が発症するケースもあるそうなんです。その場合、クラビットでは効きにくいため、クラリスが処方されるとのことで、実際のところ、クラビットが効かないと分かった後に、クラリスが処方されるという流れが多いみたいです。

となると、膀胱炎の原因となっている菌によって、抗生物質は使い分けるべきなんですね。泌尿器科を受診していれば、その点は医師が判断してくれますから心配はありませんが、自分で個人輸入を経由して抗生物質を購入する場合は、注意が必要だと思います。少なくとも、始めからクラリスを購入するのは止めた方が良さそうですね。