ケジラミの卵

毛じらみは吸血性の昆虫で、毛じらみの体は少し茶色がかった白色をしています。形は円形に近く、触覚のある頭部と3対の脚があります。

体長はメスの成虫で1.0mm~1.2mm、オスの成虫で0.8mm~1.0mmほどです。卵は灰色がかった白色で光沢があります。この卵は陰毛などの毛の根元近くに産み付けられ、セメントのような物質で固められます。

卵は1週間程度で孵化し、成虫になって死ぬまで約1ヶ月のサイクルとなっています。その間に毛じらみは約30個から40個の卵を産みます。

毛じらみは毛のある部分であればどこでも卵を産み付けるので、睾丸に卵を産み付けることもあります。しかし、毛の密集しているところに産み付けることがほとんどで、肛門周辺やわき毛、胸毛などの体毛、稀に頭髪やヒゲ、まつげなどにも寄生し、卵を産み付けることがあります。

オーラルセックスの一般化により、ヒゲへの毛じらみの感染例も報告されており、可能性としては毛のあるところでかゆみを感じるところは、全て毛じらみが卵を産む可能性のある場所ということになります。

毛じらみは第二次世界大戦以降、他のしらみと同じく、激減していましたが、1990年代中頃から感染者数に増加の傾向が見られています。毛じらみの卵が見つかった場合には皮膚科への診察を受けに行くことを強くおすすめします。