ケジラミの症状

毛じらみは人間の陰毛などに寄生するしらみによる感染症です。毛じらみは体長1mmから2mmほどの大きさで肉眼でも確認することが可能です。

陰毛の根っこに付着している事が多く、一見するとフケやシミのようにしか見えませんが、よく見ると小さいカニやエビのような形をしていることがわかります。

毛じらみは人の血液を餌として生きていくのですが、この血を吸収する際に唾液分泌物というものを注入していき、これがアレルギー反応としてかゆみを生じさせます。寄生している毛じらみの数が増えるほどに吸血回数は増えるので、かゆみが発生する前後の早期発見、早期治療が大切となってきます。

激しいかゆみには襲われるけれども、発疹が出ないということが毛じらみの特徴的な症状です。この激しいかゆみに襲われると夜も眠れないほどであると言われています。

基本的に毛じらみは陰毛に寄生することが多いのですが、肛門周辺やわき毛、胸毛などの体毛、稀に頭髪やヒゲ、まつげなどにも寄生します。毛のある部分であれば寄生できてしまうのが毛じらみの特徴と言えます。

最初の症状としては、軽いかゆみなのですが、毛じらみの数が増えるに従って段々とかゆみが強くなっていきます。かゆみは前述したようにアレルギー反応によって引き起こされますが、そのかゆみの程度やかゆみを感じる時期には個人差があり、一般的には1ヶ月から2ヶ月程経ってから毛じらみが増えて、かゆみを感じ始めるのですが、アレルギー反応が強く出る人ですと数匹の毛じらみがいるだけでもかゆみを感じることもあるようです。

毛じらみによって皮膚に発疹などは出ないのですが、激しいかゆみに襲われるため、皮膚をかきむしってしまい湿疹や細菌性の感染症を併発する可能性が考えられます。また、長期に渡って感染が及んだ場合には、皮膚の深いところにヘモジデリンが沈着してしまい、青灰色の斑点ができることもあります。

毛じらみに感染していることには、毛じらみが吸った血やフンが下着に付くことで異常に気付くといったケースが考えられます。